読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年5月23日(火) 8時

<前回振り返り>

 ポンド 夕方から買い 利食い 1.1316 損切 1.29 △

 夕方から50以上上昇はしたが戻ってきてしまい、ほぼ同じ水準。

 

 ドルインデックスに注目して下げ止まるなら、ユーロ売り、ポンド円買い

 に備える △ まだ下げ止まらない。

 

 ドル円 買い 利食い 112.0 損切 110.8 △

 朝から昼~夕までに50銭程度は上昇したが目標には達せず戻ってしまう。損切もつかず。結果ヨコヨコ。そもそも今は買い方が切らされて反省期間と見ていたわけで、ヨコヨコをベースに考えるのが当たり前だった。

 

<注目材料>

 ・指標 

  17:00 独IFO

  23:00 新築住宅

 

 ・その他

  原油協調減産

  利上げに対してハト派なことを言う人いるとやばい

 

<チャートチェック>

 

ドル円

 以前反省中。反省に飽きたら寄ってくるはずだが、、楽しみ。

・ユーロドル

 依然上昇、角度上げてクライマックスは近いか。と言ってる間は伸びるのかなあ。

・ポンドドル

 依然、伸びも押しも深い感じ。模索中という感じか。

・豪ドル/ドル

 夕方ごろから急に強くなった。形も押しがなく堅調でいい感じ。商品価格上昇も後押しになるのかな。

・ユーロ円

 昨日、意外にきれいな上昇を見せた。メルケル発言きっかけだけど。強いもの感じる。

・ポンド円

 売るには遅すぎ買うには早すぎる感じ。

・豪ドル円

 フィボナッチファン上抜け、中期フィボナッチ50%上抜け、急に強くなってきた。

・ドルインデックス

 安定のドル安。むしろまた一段落ちた。

原油

 協調減産に関する期待の高まりで高止まりしている。ドル安もあると思う。

・金

 ドル安で上がってる感じかな。RSI見ると70よりまだ下なんで上昇余地感じる。

・ダウ

 原油高で上がってるのかな。

・日経

 上がってない。ダウは上がってるんだけど、、。

 

<予想>

 豪ドル/円 買い  目標 86円 利食い 84円より上 損切 82.7

 

 ドル安の終わりが見えないこと、商品価格の上昇があること、豪ドルの堅調な上昇が根拠。豪ドルでもいいが、どこかでドル円の反省後の上昇があると思うので豪ドル円でいきたい。時間軸はスイングで考える。2日~3日くらいかな。

広告を非表示にする

2017年5月22日(月) 8時

<前回振り返り>

 ドル円 113.8~113.1でレンジ上下で逆張り ◎ ちょうどこの範囲で1往復半した。+1.5円程度

 ユーロドル 1.10近辺に張り付くなら買い ◎ 張り付いた後1.16まで伸びた +150程度

 豪ドル 0.745を超えるタイミングあるなら押し目買い △ すぐには動かなかったが週後半に入り0.746まで伸び、0.741まで押した。その後上方向。+40程度

 ポンドドル 様子見 △ 週後半に保ち合いを上に切れたが、間もなく同じ分だけ押すがまた上がるやりにくい感じになった。

 

<注目材料>

・指標

 なし

・イベント類

 ロシアゲートでドル売り要因が今週も継続するかどうか

 影響力があるのかどうだかよくわからない北朝鮮関係

・オプション関係

 ドル円 113.0 OP22日

 ドル円 112.0 OP24日

 ドル円 110.0 OP25日

 ユーロドル 1.1000 OP26日 非常に大きめ

 ユーロ円 124.25 OP22日

 ユーロ円 122.5 OP6月9日

 ポンドドル 1.2975 OP22日

 ポンドドル 1.2765 OP6月2日

 

<チャートチェック>

ドル円

 4月17日以降のフィボナッチの50%付近にあり、5月以降の61.8の下にいるので弱気。買い方が切らされて反省してお休みしてるだろうから様子見になりそう。日経やダウに比べると、ずいぶん落ちた感じ。反省して売り方に回る個人が増えれば、日経にレベル合わせる感じで上がるかもしれない。

・ユーロドル

ドルインデックスと同様、どこまで上がるかというところ。RSI高値圏だがダイバージェンスがキレイに発生していること、かなり下の1.10に大きめのOPがあることを考えると、下落警戒が妥当だろう。

・ポンドドル

堅調に上昇してきている。6月8日の総選挙に向けて織り込んでいっている感じだろうか。直近も堅調に上げていると見せかけて一度大きく下がって、スケベなロングを切っているので、さらなる上昇に向けて余念ない感じになっただろう。

・豪ドル/ドル

 深い押し目を付けながら上昇している。そろそろ高値に張り付いてブレイクという段階になってもおかしくないだろう。

・ユーロ円

ドルインデックスがキレイに動いているのでユーロ円はキレイに止まっている感じ。上昇傾向にありながらも保ち合いの真ん中。ロシアゲートに注目が集まる間は傾向に変化ないだろう。

・ポンド円

4月17日以降の強い上昇の後、61.8まで押した後の状態。上昇が期待されるが短期ダウントレンドが終わったといえるほどのサインがなく買いで入るに至らない感じ。

・豪ドル円

フィボナッチファンをいっぱいに使って拡散中。RSIも中ほど。トレンド模索中か。

・ドルインデックス

 ロシアゲートでキレイに下げてきたが下げ止まりがまだわからない。日足で見るとRSIが30にいるのでそろそろ下げ止まってもおかしくはない範囲に入ってきた。ただフィボナッチは161.8を大きく越えており、261.8まで目指すとなると、もう一段落ちてもおかしくはないがそのへんに長期の61.8押しもあるので、目先の底はその辺だろう。そこまで行くとユーロドルで言うと1.13が視野に入るくらいだろう。今止まるなら空中で止まることになる。

原油

上がってきたが200日線と75日線の間にありレンジの中。産油国が協調してまじめにやる限りレンジではないか。

・金

200日線の上にあって強気に見えないこともない。今はちょうどレンジの真ん中くらい。

・ダウ

 高値圏での保ち合い。ちょうど中間。一度50%の前で返されている。強気に見える。

・日経

 高値圏保ち合いを形成中。61.8で返されている。強気か。

 

<予想>

 ポンド 夕方から買い 利食い 1.1316 損切 1.29

 

 ドルインデックスに注目して下げ止まるなら、ユーロ売り、ポンド円買い

 に備える

 

 ドル円 買い 利食い 112.0 損切 110.8

 日経どドル円に注目して、どちらかに合う形になっていくだろう。ドル円の意外な上昇のほうが面白いのは間違いない。

広告を非表示にする

2017年5月16日(火) 8時

<前回振り返り>

ドル円 押し目待ち △

まず仲値まで強く、その後も強く朝から午後にかけて上昇一本調子だった。その後夕方から夜半にかけて下落するが下げた分以上に上昇して、一日の範囲の中でキレイに短期上昇トレンドとなった。押して戻ったところで乗れれば、、、それでも10数銭程度か。

ユーロドル 買い 〇

予想通り夕方から上昇。押しもなくきれいに上昇。50pipsほど。

 

<注目材料>

・指標

10:30 豪RBA議事録

17:30 英消費者物価

18:00 独ZEW景況感

21:30 米住宅着工件数、鉱工業生産、建設許可、設備稼働率

 

ストレート全部指標有るので今日は盛沢山。

 

・オプション関係

 ドル円 115.0 OP18日NYカット

 ドル円 114.0 OP18日NYカット非常に大きめ

 ユーロ円 124.25 OP22日NYカット

 

・ストップロス

 ユーロドル 1.1030 越えるとストップロス買い

 ユーロドル 1.0820-30 買い、ストップロス売り混在

 ユーロドル 1.0800 割り込むとストップロス売り

 ユーロ円 125.2 ストップロス買い大きめ

 豪ドル 0.7330 ストップロス売り

 ポンドドル 1.3000 越えるとストップロス買い

 ポンドドル 1.2950 越えるとストップロス買い

 ポンドドル 1.2850 割り込むとストップロス売り

 

・相関チェック

 ⇒日経平均ドル円

  昨日の寄り付きからずっと上がってる。また2万円が意識されそう。

 ⇒ダウとドル円

  こっちも昨日の朝からずっと上がってる。21000が意識されてるのかな。

 ⇒米10年債利回りとドル円

  昨日からほとんど変わってない。ちょっと2.35超えたみたいだけど。

 ⇒ドルインデックスとユーロドル

  ユーロ上がってるとおり、ドルインデックスは下がってる。また200日線にサポートされるかどうかという水準にきた。どうかな、、、前回から全然日が経ってない。

 ⇒金とユーロドル

  上がって下がって気迷いな感じ。どっちでも行けそうな、、、。

 ⇒原油とダウ

  昨日朝から急騰。これでダウあがったらしい。相関やっぱりあるなあ。とはいえヨコヨコの真ん中に近づいただけ、、、だから、原油安懸念が後退してそれがリスクオフ気味の雰囲気を後退させたって感じなのかな。

 

<予想>

 ドル円 上がるというのも下がるというのも考えすぎで、上の買いと下の売りの損切で引っ張りあうだろう。なぜなら11日の高値圏での買いと、12日~15日の安値圏の売りは、わっと飛び乗ったポジションのはずだから。113.8~113.1の間の値動き 急に大きく動いて、意外と上がりそうだ!なら売り、急に下がって意外と下がりそうだ!なら買う。そういうところで、ヤレヤレの買い戻し、売り戻しがワーッとでるだろうから。大きく短時間でやるのがいいだろう。

 

 ユーロドル 1.10近辺に張り付くなら買い、それ以外は様子見

 上がってきており、フィボナッチファンを踏み台にさらに急騰しそうにも見えるが、それだけに逆に上がるように思えない。今の水準は長期の半値でもあり、深いところから急騰していることもあり、利食いが結構沸くのでないか。ここからの買いは高値追いの恐れ。意外と上がるならそれでも1.10に張り付く時間がしばらくはあるはず。それなら買いで賭けてもいいが、そうでなければ様子見がいいだろう。

 

 豪ドル 0.745を超えるタイミングあるなら押し目買い

 ずっとダウントレンドが続いてきたが、0.745を超えれば、上昇への復帰も視野に入る。今日10時半の指標でそこを捉えれば、その後一度強く押しはするだろうが、それでも力強く上昇していく端緒になるだろう。なので、一度ズバッと抜けて、鋭く押したところを買うのがいいだろう。

 

 ポンドドル 様子見

 今のところ方向性がない。上の買いと下の売りがやられてポジションが固まりつつある段階。そういう人の心理を考えながら注目していく。どこかで大きく動くだろう。

 

 

 

広告を非表示にする

2017年5月15日(月) 8時

<前回振り返り>

 ドル円 買い目線 ×

 弾かれるようにも上がらなかったし、カップウィズハンドルも形成しなかったので買い参入基準を満たさなかった。グダグダのまま夕方になり、ここまでは予想どおり。

 その後消費者とミシガン大の指標を使って下落したのが予想外だった。

 

 ユーロドル 買い 〇

 NYOPカットにかけ上昇と見ていたが、20時ごろからレジスタンスラインに張り付き、21時半からブレイクで急上昇。70pipほど。その後1.1まで駆け上がるかと期待はしていたがOPカットを回ったのでそこまでだろうというところ、で越週。

 

<注目材料>

・指標

 指標はなし

 ゴトー日 仲値に向け注意

・オプション関係

 ドル円 115.0 OP18日NYカット(どう関係するか)

 ドル円 114.0 OP18日NYカット 非常に大きめ(どう関係するか)

 ドル円 113.1 OP15日NYカット

 ユーロドル 1.0950 OP15日NYカット 大きめ

・ストップロス

 ドル円 114.5 ストップロス買い

 ユーロドル 1.1030 ストップロス買い

 ユーロドル 1.0800 ストップロス売り

 ユーロ円 125.2 ストップロス買い大きめ

 ユーロ円 124.6 ストップロス買い大きめ

・相関チェック

 ⇒ダウとドル円 

 ダウは保ち合いにありSMA21よりは上にある。どちらかと言えば強気。

 ⇒日経平均ドル円 

 日経平均は長期のレジスタンスを上抜けてサポートの確認をしようかと言うところ。押し目になるならと考えれば強気。

 ⇒米10年債金利ドル円

 2.2まで落ちた後2.4まで上がり、何回かサポートになってきた2.3を再度試そうかというところ。押し目になるならと考えれば強気。

 ⇒ドルインデックスとユーロドル

 下向きのトレンドラインの中にあって、少し角度を急にして下げている感じだが、200日線にサポートされている。よくわからない。

 ⇒金とユーロドル

 サポートに当たり下げ止まりとするのにちょうどいい水準であり、同時に25日線を越えられず下げてもおかしくない形。よくわからない。

 ⇒原油とダウ

 横ばいと言えば横ばいだし、下落気味と言えば下落気味。はっきりとしたサポートもないが、下がれば産油国が困るだろうからほどほどのところで上げそうな気もするがそもそもあまりダウと連動している気がしないのは何故なのか。

 

<予想>

 ドル円 押し目待ち

 8,9日の上昇後の半値まで戻したので買うにはちょうどいい水準。ただ、高値圏でのサポートも切っており、買い方が焦る一方、売り方は余裕あるだろうから、、、というのがひっかかる。指標を使って下りるあたり、強気には考えずらい。仮に長期のトレンドラインのサポートを確認しにいくとするとあと1円落ちる必要がある。それが来週くらいでちょうどいい感じ。113.1の今日のOPカットもあるから、今日は大きな動きはないのでは。ゴトー日なのでそれまでは強気、だろうか。

 

 ユーロドル 買い

 夕方までに1.09095を下回っていなければ強気でいいだろう。夕方から成り行きで買い参入して、1.096より上で利食いしたい。短期的に怪しい感じにならなければそのまま保持しておけば、時間をかけて1.10も大きく越えていく流れに見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2017年5月12日(金) 8時

<前回振り返り>

ドル円 様子見 〇 綱引きの一日だった。114円ちょうどが11日OPカットだったようで、そこを目がけて22時から114円を切って23時すぎに113.5までつけた。

ポンドドル 金利発表前にレンジ下限についたので、下落を感じさせるところから急落。その後30分程度でまた一段下げ。一度落ちたところから追いかけて売ってもいい展開だった。その後は半分戻してきた。

オージードル 0.73がついたら売り つかなかった。

フィボナッチファンの中を横移動中。

 

<注目材料>

・指標

21:30 小売売上高、消費者物価

23:00 ミシガン大

・オプション関係

ドル円 113.1 OP15日NYカット

ユーロドル 1.0950 12・15日NYカット大きめ

ユーロドル 1.1000 OP11日NYカット大きめ・12日NYカット非常に大きめ

ユーロドル 1.1050 OP12日NYカット大きめ

ポンドドル 1.29 OP12日NYカット

 

<予想>

ドル円 買い目線

113.5まで落ちたあとの急騰を見ると、113.20より上で売らされた人がまだ捕まっている感じがよくわかる。ここからなお弾かれるように上がるなら、カップウィズハンドルを形成するところで買い参入が適当だろう。週末でもあるし利食い先行とも思われるため(特に15時に向けては)、上昇圧力と下降圧力がぶつかり合ってグダグダになるのがメインシナリオではないか。

ユーロドル 買い

上に12日のOPカットが複数あること、ちょうど今、今週の安値に近いこと(サポートライン)など考えると、買いで妙味ありそう。買い発動は上がりつつあるのを見た後で、本格的に上がる前まででいいだろう。

 

 

 

 

広告を非表示にする

2017年5月11日(木) 8時

<注目材料>

20:00 BOE金利

21:30 新規失業保険申請件数、生産者物価

 

<予想>

ドル円 様子見

まさかの上昇が続いており、かといって永劫に上昇するわけではないのでどこで利食いするかのチキンレースと言えるだろう。どこで止まっても不思議はない。113.7を下回る場面があれば売り検討していいだろう。

 

ポンドドル 20時の政策金利に向けて準備

フィボナッチファンを下抜けたので少なくとも夕方までは横か弱いだろう。20時に政策金利発表があるのでそれまでにイギリスへの期待感を整理しておきたい。このところ期待先行で上げてきていると思っているが、来月の選挙で与党が取ったらどうなる、取らなかったらどうなる、税率の変更もあるのかないのか、量的緩和の見通しは、、、など。あくまで意外な方向でベットはしていきたい。ドル円と方向が合いそうならポンド円でやりたい。

 

豪ドル 0.733をつけたら売り

フィボナッチファンの中をキレイに降りてきている。0.73で長期の半値だが、既に1度返されており再度反発が期待されるので、逆に0.733をつけたら売るのがいいだろう。

広告を非表示にする

2017年4月28日(金) 10時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170428103249p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170428103315p:plain

<前回振り返り>

デイトレード 買い ◎ +70銭 

目標は達成したが、その後そのまま持っていればあと1円50銭最大伸びた。短期のフィボナッチの61.8戻し(戻りのMAX程度の想定)で利食いを想定していたが、実際は中期のフィボナッチの161.8を超えて、より長期の日足レジスタンスラインまで行った。

かなり保守的な見立てでいたのが結果的にもったいないことになった。

参入 成行 109.6台 〇 指値 109.5 × 109.57までだった。

損切 109.1 〇 つかなかった

手動損切 109.3 つかなかった

利乗せ 109.9を超えた後 〇 押し目があった

利食い 110.1 〇 110.2 〇 110.1を付けた後20銭戻ったがその後110.2どころか111.7までグイグイと伸びた

 

<注目材料>

・指標

 17:30 英GDP

 21:30 加GDP

 21:30 米GDP

 23:00 ミシガン大消費者

・トレーダーズウェブ オーダー

 上は111.8、下は110.5に多い様子

 110ちょうどに大きめのOP28日、1日NYカット

・GI24オプション

 インザマネーの28日満期のコールオプションが多く満期を迎えた後どうなるのか。

日経平均

 前日終値 19251 -37.56

 売買高 197020万株

 売買代金 2455402百万円

・その他 

 暫定予算か、ヘルスケアかを選ばねばならない?トランプ苦しい状況

 北朝鮮リスクは後退気味?しかし依然継続

 ECB金融緩和の思惑後退

 

<予想>

 デイトレード 売り

ごく短期のトレンドラインを下に割っており、下に長期のトレンドラインとフィボナッチファンを控えていることから、それを確かめたくて下に吸い寄せられるかもしれない。上方向への勢いを強く維持できるのは、時間足フィボナッチ半値の110.715までだろう。そのラインとフィボナッチファンの50がぶつかるのが月曜日になる。おそらく月曜日にこの水準を目指すだろう。そこまでは売っていくのがいいだろう。

 

参入 成行 110.2近辺 指値 110.3

損切 111.68

手動損切 111.5を越えて長ければ

利食い 110.95で半分 110.8でもう半分

利乗せ 110.5を切った後に110.5~110.1の間があれば一度

 

広告を非表示にする