読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月21日(金) 9時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170421092520p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170421092539p:plain

<前回振り返り>

デイトレード 買い △

参入 108.8 〇 108.6 × 108.4 × 

 ⇒108.7までしか来なかった。

利食い 109.5 × 109.95 ×

 ⇒109.49までしか来なかった。惜しい。

 

利乗せの幅が狭い形だったが一応参入から利食い目標目前までは行った。損は出ておらず目標より手前で利食う形になったのでまあまあの結果。

 

<注目材料>

17:30 英小売売上高

21:30 加消費者物価

22:30 カシュカリ発言

23:00 中古住宅販売

ムニューチン税制改革発言

25日核実験&アメリカ迎撃?攻撃?の恐れ

23日仏大統領選

28日までに米下院で暫定予算案採決されるか

 

<予想>

デイトレード 買い

161.8の第一目標は達成している状態なので、今日第二目標である109.9を達成するかどうか。

参入 成行 109.35 指値 109.2、109.1。109.5を上抜ける前には建て切りたい。

利食い 109.9

損切 108.8 109より下が長ければ手動で切る。

広告を非表示にする

2017年4月20日(木) 8時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170420090044p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170420090118p:plain

<前回振り返り>

デイトレード 様子見 ×

×なのは、2点悪い理由。一つが、ポンド円がどうなるか意識していながら、ポンド円が9時以降に損切出るだろうしそうなればドル円が上がることに注目しなかったこと、もう一つは、一昨日予想した、ダブルボトムを付けて上がるかもしれないという見通しを信じていなかったこと。

 

朝9時、ドル円が上昇。そこでポンド円の損切りがあればドル円も上昇するんだということに気づく。ポンドドルは動いていないが、吸収しているんだと思う。ドル円自体に上がる要因がなくても、ポンド円の損切で上がるんだと上がってから気付く。がっかり。9時になったらどうするか、ということをもう一回考えるべきだった。ポンド円のホルダーはオハギャーになっているわけで、処分すれば上がるわけで、ドル円がそれにつられて上がるのも十分想定できた。

 

また結局、この前予想したとおり、ダブルボトムを形成して108.5から反転上昇、の通りになった。でもそれについて今朝の段階では頭になかった。今回のように、予想自体は当たっていても、時間軸が早すぎることがままある。教訓としては、何時間かけて1回目の谷を作ったのかを考えるのがよいと思う。フィボナッチ定規を当てればわかる。

 

スキャルピング ×

目標とした108ちょうど付近まで来なかった。

 

<注目材料>

19:30 カーニー総裁発言

21:30 新規失業保険、フィラデルフィア連銀

トランプ税制改革8月以降⇒年内?どんどん先送り

26日核実験&アメリカ迎撃?攻撃?の恐れ

23日仏大統領選

 

<予想>

デイトレード 買い

依然リスクを取りにくい要因が多い状態。中期のフィボナッチで見ると50%で返されているので、一応まだ強いとはいえる。ただここからだとブレイク想定しないと幅が狭くなってくる。フィボナッチファンとPIVOTとぶつかる108.4のちょい下で108.2を底と想定して、切れれば損切、それより上で買い建てていきたい。成行で108.8、108.6、108.4まで分けて買い下がり利食いはブレイクしてくれれば109.5が第一目標、いけいけで109.95まで行ってくれたら最高だが、実際のところは109を越えたら利食い優先でいいだろう。利乗せするには結構狭いところで早めにやらないといけないだろう。時間軸としては1つの谷を作るのにここまで一日半かかっているから、ブレイクするかどうかのところまで行くのに同じくらいかかるかもしれない。しばらく、夕方か夜まで結構長い時間ヨコヨコ、それでトレンドラインをズバッと上抜けて本格化、という感じじゃないだろうか。とすると、あせらずにできるだけ安いところを待って買っていくのがいいだろう。

 

広告を非表示にする

2017年4月19日(水) 8時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170419072512p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170419072538p:plain

金利

f:id:fxnote01:20170419074016p:plain

<前回振り返り>

デイトレード 買い寄りの様子見 △

R1を越えられずしばらく109近辺でレンジになり、ヤレヤレの売り戻しで戻るまでは予想通り。そこで夕方になり、メイ首相の急な解散発表でポンドが大荒れでドル円はその後グダグダになってしまった。ポンドについては後述。想定通り108.5はつけたがその後108.3~108.5でレンジで朝に至る。108.5から参入して多少ナンピンして回転して終わりというところ。

 

<注目材料>

23:30 週間原油在庫

3:00 ベージュブック

23日 仏大統領選

長期金利が2.2を切った

トランプ税制改革プランの発表がいつあるか

昨日の記録的ポンド高が今日どこにどう影響するか

米空母艦隊の行方

 

<予想>

デイトレード 様子見

長期金利が2.2を切って水平線を下回ったこともあり、今しばらくは強い上昇で見るのは厳しいだろう。しかし日経VIもVIXも若干改善しておりさらに下に掘り進む可能性も高くはないのかもしれない。昨日はポンドのショートがだいぶ踏みあげられたので、それがどうなるかに注目したい。縮尺のせいもあるがほぼ真一文字で、売買がほとんど止まってるような感じ。ロンドン時間以降どうなるか、だろう。損切りされた相当数のポンドドル、ポンド円のショート勢はどこに向かうだろうか。

スキャルピング 108ちょうどに引き付けての買い回転

ドル円は下に落ちればメドが結構先までないので、買い注文が逆に108ちょうど手前に集まりやすいかもしれないから、そこに引き付けての買い回転が1度~数度有効かもしれない。損切は107.7(じり安なら手動で107.8~9では落としたい)、利食いは108.2台で十分、108.3で御の字、伸ばしても108.4というところだろうか。

 

ポンドドル 15分足

f:id:fxnote01:20170419072101p:plain

ポンド円 15分足

f:id:fxnote01:20170419071958p:plain

<振り返り>

ポンドの動きがすごかった。
18時50分ごろ、ポンド急に下落。
数分後、メイ首相健康問題で辞任の可能性、19時15分に会見と伝えられる
19時10分前にBBCが、早期解散、総選挙と伝える、この時にはもうだいぶリバってる。
19時15分に会見で総選挙と伝える、完全にリバって、全モで飽き足らずまずポンドドルが161.8まで到達する!その後ポンド円が161.8まで足りないのでドル円も上げて、ポンド円も161.8まで到達させる!その後ヨコヨコへ。
さっぱり乗れなかったが、よく見ていくと、英語ではすでにその予兆がつかめたようだ。その解説をしていたYTB投資情報局をツイッターのリストにいれた。
今後の会見に注意ということが出ていたし、解散という結果の見通しなのも一番早く伝えられていた。ただ、この人はショートしていたので、リバるということの見通しは出来ていなかったようだ。速報性と相場観は別もの。ヤフーリアルタイム検索で「メイ首相」で追うと、まだ下落している途中で、辞任でなければリバるかもしれないというつぶやきあった。まあ確かにとも思ったが、実際辞任でないこと確認して買っていれば、ちょうど押目に乗ってポンド円で1円は取れていた。
教訓
・ニュースに対して英語を中心としたツイッターの速報で捉える
・同時にリアルタイム検索で、皆と一緒に検討をする
・一波は無理でも返しのリバースには乗れるようにキビキビ判断する
・ポンド円が161.8到達後、ポンド円が161.8まで足りないからと言ってドル円を上げてポンド円も161.8まで持ってくるというこのステキなやり方に脱帽。しかもそのあと216.8も達成したし!すごい美しいチャート。ポンドドルは423.6まで達成した!!

広告を非表示にする

2017年4月18日(火) 8時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170418083139p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170418083204p:plain

 

<前回振り返り>

デイトレード 買い ○

参入レベル 108.19~108.02 ◎ ドンピシャで当たり

利食いは161.8の108.639達成で落ちた。その後50%まで戻して261.8で109.1までを達成した。まさにフィボナッチトレードの典型となった。

 

<注目材料>

10:30 RBA議事録

21:30 住宅着工件数

22:15 鉱工業生産

18日 日米経済対話

20日-21日 G20財務相会議

23日 フランス大統領選挙1回目

4月下旬~ 日本企業決算

 

<予想>

デイトレード 買い寄りの様子見

深夜2時を過ぎてから上げてきたが、ロスカットを使って上がっており、9時~10時と15時~に手動の操作でロスカットが続くかどうかがまずは焦点になるだろう。日米経済対話は日本からの投資でまとまる形で多少のリスクオン要素になる程度だろう。既におおよそ織り込まれていると思う。北朝鮮関連は動けば一触即発だから誰も動かず、だろうしそれでいけばまた忘れられていくだろう。トルコも材料視はされていないし、大統領選はこのまま突入する感じか、今はあまり注目されていない感じ。

9時~10時で手動でのロスカットも続けば、一気に423.6である108.45の達成をする可能性がある。15時~にロンドンの操作でなることも考えられる。ただ、先週の木金に日足の水準として108.8で買っていた人は多いはずで、そのような人が手動でやれやれの売り戻しをしてくる可能性も十分にあり、そうなると108.6以下まで戻して、ダブルボトムの形状になるかもしれない。そう考えると、今の水準で買った場合に、1円近く持っていかれる恐れもある。上げれば一度は落とされるのが当たり前だと考えれば、新規買いは押し目をつけて戻ってくるまでは待つのがよいかもしれない。

休憩なしで109.45達成するか、よくてR1の109.225~109.0の間でしばらく行き来するか、やれやれに押されて108.8より下に追いやられるか、だろう。

108.5まで返されたところを買って、109.45まで上がる感じになったら一番いいと思う。

広告を非表示にする

2017年4月17日(月) 8時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170417073148p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170417073240p:plain

<前回振り返り>

デイトレード 様子見 ×

一日の間でキレイに下落した。

スキャルピング 夕方以降、落ちたところを買う回転 △

数銭は十分取れたが、幅として狭すぎた。

セリングクライマックスが意識され過ぎて、スケベな買い方ばかりが新規参入してきた印象。じわじわ下がるばかりだった。最終盤で安値更新した後で気が付いたので売りで入るにも遅すぎた。そのことに18時に気づいていれば売り検討できたかもしれない。または、今日は一日セリングクライマックスの意識で買いが入ってズルズル落ちるだろうと朝の時点で予想していればそれが一番良かった。週末なので買い戻しがはいるはずという先入観のほうが強かった。

 

<注目材料>

 

18日 日米経済対話

20日-21日 G20財務省会議

23日 フランス大統領選挙1回目

4月下旬~ 日本企業決算

 

<予想>

デイトレード 買い場探し

週末懸念された北朝鮮問題は、北朝鮮が16日にミサイルは撃ったがそれは中距離弾で、ミサイル開発継続の意思は見せるものの、本土攻撃を懸念するアメリカを刺激しすぎない結果になった。これで一応終わりということになるなら、リスクオンの巻き返しになるのかというところ。もう一つ懸念されていたトルコの国民投票については賛成多数で可決の見通しとなってこちらも良いニュースになりそう。後はフランス大統領選挙だが 楽観視は出来ない状況でリスクオフの重しになり続けそう。日米経済対話は貿易関係の話がメインだろうが、保護主義が強調されたらリスクオフ、為替言及があると円高、というようなところだろうか。そのような心配をさせておいて、まあ実際はアメリカの雇用を何か増やして終わり、なんだろうか。ちょっとそれだけでは足りない気もするけども。一つくらいそれ以外の何かが成果になるかもしれない。ポジティブなことがあればいいけども。4月下旬からは日本企業の決算で、円安を背景に良い内容が想定されている。リスクオフの材料の減少も後押しすれば段々とリスクオンになるかもしれない。日経VIも依然高い状況なのでここからは一度セリングクライマックスを待ちつつ、買い場探しと行きたい。買い場の候補は、落ちるなら108.19~108.02近辺。なかなか落ちないなら椀のふちを駆け上がるところで108.8近辺から。それでも107.7くらいまでは一瞬押しても不思議はないだろう。スケベな売り方がどれだけ集まってくるかによるだろうから、総弱気が続いて、バーンと落ちるか、まあ長時間上がらないかで弱気で確定という雰囲気になればいよいよ買いを仕込むチャンスになるだろうし、買い場探しだという意見が見られるようだとまだ下落するだろう。そのように見ていきたい。

広告を非表示にする

2017年4月14日(金) 12時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170414120717p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170414120903p:plain

VIX指数

f:id:fxnote01:20170414124503p:plain

<前回振り返り>

デイトレード総括 △

方向 買い ○

参入 108.7 △ 108.725までしか届かなかった。

利食い 第一目標 109.25 △ 一旦は109.24までしか届かなかった。 その後108.8台まで返されてから109.39までつけた。 第二目標109.5 ×

オーバーシュート一切なく、イメージの95%でハマった感じ。これは仕掛けている方の焦りを感じる動き。おそらく同じ考えていた人が多くいて、人より早く仕掛けて、人より早く利食いして終えたという形だろう。これで慣れてくると利食いが早く、小さく小さく縮こまっていくので注意。

 

<注目材料>

イースター休暇で主要市場休場

15日に北朝鮮核実験の恐れ

21:30 小売売上高、消費者物価

 

<予想>

デイトレード 様子見

スキャルピング 夕方以降、落ちたところを買う回転

主要な投資家はイースター休暇前にポジションを整理した状態だろう。ポジション整理でもっと上がるかと思ったが上がらなかったので、どういうことか意識はしておきたい。大統領がドル安けん制発言をドル安の流れの最中に言う、北朝鮮にやたらと最近こだわる、というのはおそらく国内の議会工作がうまくいっていないことや支持率低下に対する手当だろうし、ダウが一服している間に悪材料を出尽くさせる腹なのかもしれない。減税はおろかヘルスケアも通らないから急に回復させるのは無理だろうし、かといってあっと驚くような成果が出れば急に上がるだろうから見逃してしまうだろう。もしあっさり明日斬首作戦が実行されればどうなるかというと、週明けは大混乱になるかというとならないだろう。継続戦闘でなく首のすげ替えだけであれば。もし韓国も巻き込んで全面戦争になれば話は別。数日は市場は大混乱になるだろう。いずれにせよオーバーウィークはしないほうがいいだろう。

主要参加者が抜けて市場は空虚な状態として、それでも金曜でポジション整理の巻き戻しはあって、今はその最中で上がり気味なのかもしれない。

200日線は達成したし、日足のフィボナッチは38.2を達成したし、目標点はクリアして、かといって反発点になるかはわからない。半値を越えた以上、どこまで行くか不透明だ。普通に考えれば買いだが、普通に考えても意味はない。日経VIは22を越え、高い水準にあるし、どこかでセリングクライマックスがあるんだろうが、それがいつかはわからない状態。今は皆が週末リスクにおびえている状態だから、セリングクライマックスにならないだろう。そろそろ買いだろうという雰囲気が広がった時に起こるんじゃないだろうか。それは少なくとも週明けだが週明けも主要市場休みなので、火曜日以降か。

短期勢の週末ポジション整理の上昇は期待できても、さらなる下落は難しいだろう。泣く泣く持ってるロングがここまで引っ張ってここで切る理由はないだろうから。夕方以降、落ちた瞬間があれば買えば短時間で数銭は取れるだろう。

 

広告を非表示にする

2017年4月13日(木) 10時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170413100517p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170413095143p:plain

<前回振り返り>

夕方まで様子見 ○

方向 売り ○

戻り目安 109.910 ×

     109.7 ○ 109.865までだった。

利食い目標 108.7 △ 今108.76を切ったところでもうすぐ到達というところ

深夜から動き出し、トレンドライン(フィボナッチファン)を使って下げてくることも、天底の想定も、ほぼ予想通りとなった。

 

<注目材料>

21:30 新規失業、生産者物価

23:00 ミシガン大消費者信頼感指数

 

<予想>

108.7の目標達成後にどうなるかが焦点となる。売り方の主力が抜ければ明らかに流れが変わる感じになって上がるだろう。3つ上がって2つ下がるような感じになって、5つ上がって2つ下がるような感じに加速して上げていくだろう。問題はオーバーシュートする可能性があること。

オーバーシュートの底は108.375が妥当だろうが、108ちょうどくらいまでは見ておいた方がいいかもしれない。

デイトレード

方向は買い。オーバーシュートしたところを勇気を持って買うのがベストで、長い下ヒゲを確認して戻ってきたところを買うのが次善だろう。新たに作られるトレンドラインを横・上に抜けるところを買うでもいいがそれでは遅いかもしれない。

・オーバーシュートするなら108.4より下から買い始めて、下は108ちょうどまで見る。損切は107.5に設定して半日以上待つ。利食い目標は109ちょうどより少し下が適当だろう。

・オーバーシュートしないならじり下げ想定で様子見。その場合赤いトレンドラインに沿って淡々と下りるだろう。この場合売りづらく買いづらいので入れない。新たに予想しなおしとなる。

・108.7到達後~108.4以前で急反発する場合、主力が抜けた感じになったことを確認して(3つ上がって2つ下がるような感じになり、5つ上がって2つ下がるような感じになる)流れで買い参入していく。損切は108.7として、上がるたびピラミッディングしながら徐々にストップラインを上げていく。利食い目標は109.25で半量落とし、もう半量は109.5まで待ちたい。

・108.7に到達しない場合、予想より早く反発が進むかもしれないが急に到達するかもしれないので基本は様子見がいいだろう。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする