読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月24日(月) 9時

ドル円 1時間足

f:id:fxnote01:20170424092328p:plain

ドル円 5分足

f:id:fxnote01:20170424092405p:plain

 

<前回振り返り>

デイトレード オーバーウィーク前提での〇

成行 109.35 〇 指値 109.2 〇 109.1 〇 108.89くらいまできた。

利食い 109.9 〇

損切 108.8 ギリギリ損切はつかず。 

金曜~土曜のうちに目標である109.9を達成しなかったが、週明けて値が飛ぶ形で達成した。朝時点で、高値は109.5程度まで。現在は110ちょうど付近。ちなみにユーロ円は116.525から今朝120円オーバーまで3円以上飛んだ。

 

フランス大統領選挙1回目が予想通りマクロン氏とルペン氏の決選投票となり、懸念されていた反EU陣営のみでの決戦投票が回避され、またフランス国内の情勢としても反極右の風強いそうで、ルペン当選は厳しいとの観測で一気にリスクオンとなった。

 

<注目材料>

17:30 独IFO景況指数

北朝鮮の核実験

4月26日(水)にトランプ氏が減税について発表予定(詳細は6月)

 

<予想>

デイトレード 様子見

スキャルピング 110.2付近を売り、109.5付近を買いでの回転

ユーロドルにしてもドル円にしても、金曜は、仏大統領選を前に、大きなやられにならないようにするためにポジションを軽くしたいがための上下の少々の損切の連続による引っ張り合いだった印象。月曜に来て大きく跳ねたのは、いいニュースにポジションが軽かったからで、空いている口座に、抜けた方のポジションが続々持たれればその方向は重たくなるだろう。なので今日は先週の値段を下値に、今日付けた高値付近で買った人が損をする(結局勝つのは先週買っていた人だけ)展開を予想する。

それでも今日の安値に対して高値に向かって半値程度は進むだろう。109.5~110.2程度のレンジで下の方があれば買い、または上の方があれば売って、食い下がりながら10銭程度で2回ほど回転するのがいいだろう。

広告を非表示にする